リスニング上達に洋楽をカラオケで歌う方法

20150122
以前テレビで英語の上達法にオススメの方法というものを見ました。

その方法というのは洋楽をカラオケで歌うということです。

洋楽を歌うためには曲を耳でしっかりと聴く必要があります。

この行為がリスニング能力を鍛えることになるとのことでした。

一回聴いただけで覚えるということは少なく、何度も曲を聴くことになります。

繰り返し同じ曲を聴くことで、リスニングの力が体験として身につくことになるのです。

また曲を聴きながら復唱することで、シャドーイングにもなるらしいです。

シャドーイングというのは同時通訳の練習法として使われているものであり、聞いた言葉をすぐに復唱することを指します。

曲を聴きながら歌詞をすぐに復唱することで、英単語のリズムやイントネーションを身につけやすくなるという効果があるのです。

シャドーイングは聞いた言葉を真似て復唱して上達するという練習法なので、曲の歌詞の発音を真似て発音することで、英会話力がかなり鍛えられるということです。

そして聴いて復唱して覚えたことをカラオケで実際に歌うことで、上達のスピードがかなり上がるのです。

よく本場の人と話すと上達が早いといいますが、カラオケで実際に歌うことで、それと似た効果が現れるのです。

見て覚えるだけよりも、話して覚えることを行わなければ、上達には程遠いです。

洋楽をカラオケで歌うということは英語の上達に必要な要素を兼ね備えているので、いろんな曲をカラオケでどんどん歌っていけば英語が苦手だった人も英語が話せるようになると思います。