カナダでの高校留学体験談


2001年から1年間、高校の交換留学を使ってカナダのビクトリアに留学していました。

何より驚いたのが多民主国家のためそれぞれ送っている生活スタイルの自由さでした。

お弁当もそれぞれ個性があり、ファッションもこだわっている人から毎日スエットの人まで。

でも誰もその個性を批判したりせずそれぞれが楽しんでいるイメージでした!

日本だと勝ち組、負け組など他人の評価を気にする傾向があるけれど、全くなくて「going my way!!」でとっても自由さにあふれている文化でした。

私も日本ではアトピーがひどくて薬を使っても治りませんでしたがカナダ留学にいくと日に日に何もしなくても楽になりました。

ストレスがよくないとよく言われていましたが本当にカナダに行くとしがらみがなく、肩肘はることなく生活していたなぁと今でも思います!

そして一番びっくりしたことは数学のテストに「電卓」を使っていいということ!

サインコサインタンジェント、全てボタンがついていてグラフも表示される超重量のある電卓が支給されていました。

また教科書もレンタル制で、毎年落書きされている教科書が上の学年の方から回ってきます。

1つ1つもかなり重たくてとっても印象的でした。

エコだなぁとは思いましたがこんなに重たい教科書、2つ持って帰るのが精一杯だぞ?と思った記憶があります。

実際住んでみて分かることが沢山ありますね、日本の常識は海外の非常識という言葉が分かった1年でした。