海外でのトイレ事情


新婚旅行でアメリカに行った時の出来事まさかの旅行先のしかも空港で、生理になってしまうというアクシデントが起きてしまいました。

トランクの中にはナプキンはあるものの取り出せない…。

悩みに悩んで、売店で買う事にしました。

が、英語で生理用ナプキンってなんて言えばいいのかさっぱりわからない。

そして、パッケージを見ても全くもって何がなんだかわからない始末。

しかも、私が 新婚旅行に行った当時はスマホがないから携帯で簡単に調べるとか無縁な状態(笑)

今だったらあんなに焦る事もなかっただろうに…。

そんなこんなでフライトの時間もあったので、なんとなくこれかな?

と思われるものを購入し、急いでトイレに。

しかしアメリカのトイレ、日本と違って足元の開きが大きい…。

背の低い私なんかがトイレに入って下着をおろそうものなら丸見えなんじゃないかってヒヤヒヤ するくらいの開き具合。

日本でこんなに開いてたら絶対にトイレに入らないけど、海外だし、みんな私なんか知らないし、って自分に言い聞かせてトイレに入 り、生理用ナプキンを開けてびっくり!!

ありえないくらいのペラペラ具合。

こんなんでまかなえるのか?って思うくらいの薄さ。

とりあえず応急処置として使用しましたが、2時間のフライトやはり応急処置にしかすぎず、衛生用品は本当に日本のものに限るなと海外に行って改めて実感しました。

旅行から帰り、友達に生理用品の話しをしたら、海外はタンポンが主流だから、ナプキン薄いかもって教えてもらい、海外行く時は、必ず旅行カバンにも、持ち運び用バックにも念の為に持ち歩く様にしてます。